2014年10月の記事

『エアーストレートリタッチ』

こんにちはHIDEです。時折ご紹介させて頂きておりますエアーストレートについて、2回目以降は?リタッチ?はと聞かれますので過去の講習をご紹介。少し短いですが、そこは次への課題として・・・・・弊社森田の講習をご紹介--------------------------------------------...

『コミュニケーション』

こんにちは美容室の集客販促のHIDEです。美容室は技術も大切ですがそれが全てではありません。技術は素人には分かりません。分からないので一定以上は伝わりません。あとは言葉で補足することになります。良くコミュニケーションが上手い下手とありますが?その違いは何でしょう。答えはコトバです。誰にどのようなコト...

『自店に合った集客方法』

こんにちは美容室の販促主客のHIDEです。もうすぐ12月です。早い!今年ももうすぐ終わりです!!12月は美容室は一番忙しい時期です。この時期に忙しくない美容室は来年が心配です。でも、忙しくするには準備が必要です。特に今年OPENしたばかりと言う場合は特に何かしておかないと忙しくはなりません。ネット全...

『冬の準備』

こんにちは美容室の集客販促のHIDです。もうすぐ冬です。TVの宣伝も秋冬めいて来ました。暖色が多くなってきました。夏の暑い頃が懐かしいです。つい先週のように感じますが・・・・・。一週間後位の感覚で来年になっていることでしょう。12月の一番盛り上がる時期に向けての仕込みの時期です。今頃から広告を入れて...

『日々進化』

こんにちはHIDEです。弊社でエアーストレートという商品があります。アイロンを使わないでトリートメントベースで縮毛をかけるというモノです。しかも全酸性商品です。酸性と聞くと、美容師の方は「酸性で伸びるの?」「新生毛は出来ないでしょ?」と思いますよね・・・・まったく問題はなく伸ばせます。そこまで改良さ...

『道具を上手く使う』

こんにちは美容室の集客・販促のHIDEです。今、ホームページ持っている美容室が殆どだと思います。でも、活用できているのか?というと・・・?ただ、在るだけという美容室が多い。活用してなんぼ・・・・・です。ブログ・NEWS・FACEBOOKなど運用しお客様に最新の情報をお届けしつつも、新規の集客に結びつ...

『毎日1度』

こんにちは美容室の集客・販促のHIDEです。美容業界は個人店様が多いと言う話をしました。その理由は人です。これが全てです。次を育てられない社長がいる美容室は滅びます。右腕もいませんから・・・・。だから多くの方が職人のままで社長に成れていない。社長業を行うにはハサミを置く覚悟が必要です。結局、社長だか...

『美容業を数字で考えてみる』

こんにちは美容室の集客・販促のHIDEです。美容業界の美容師数って知ってますか?登録数ベースになりますが厚生労働省によると平成25年3月末現在の従業美容師数は、47万9,509人で前年より8,348人増加している。確か20年近く前は20万人台でした。ここから先は美容師数も減少していくと思われます・・...

『バランス感覚が大切』

こんにちは美容室の集客・販促のHIDEです。昨日、昔から知っている美容業界の方から電話があり話していました。最近どうですか?・・・とすると、今の美容室経営者の方は昔に比べて貪欲さが・・・・少ない。と特に40代50代辺りが・・・・。若い層は違うんだけど・・・とん~確かにそうです。でも、店舗拡大にも色々...

『3つの数字』

こんにちは、美容室の販促・集客のHIDEです。売上って大切ですよね?売上は全ての源泉ですから......ですがアテにならないのも確かです。でも、もっと大切なことがあります。売上以上に大切なことです?・・・・それは利益です。売上だけが大切なワケでは無いんです。そりゃそうでしょ・・・・!と言われそうです...

『気軽に初めてみる』

こんにちは美容室の販促・集客のHIDEです。めっきり秋ですネ・・・・・肌寒いです。あと二ヶ月程で今年も終わりです。怖いくらい早いです。・・・・まだ振り返るのは早いですが・・・・・年末の12月は美容室にとって一番の売上時です。そこに向けて仕込んで盛り上げていきましょう。今は目先の秋のキャンペーンで集客...
こんにちは美容室の集客販促のHIDEです。売上はお客様との人間関係の構築次第で変わると言っても過言ではないですよね。でもお客様はある調査によると次のことは聞かれたくないと思っているそうです。ついつい聞いちゃいますよね■1位「お仕事は何をされていますか?」:23.8%■2位「休みの日は何をしてるんです...

『美容業の未来を考える』

こんにちは美容室の集客・販促のHIDEです。美容業の将来を考えると先細りは確実です。どういうことかと言うと厳しいの一言です。人口減少にも関わらず美容室数は増加しています。勿論、一定数は登録のみで開店休業状態かもしれません。それはいつの時代も一定数いますので全体の数が増えること自体が競争が激しくなるの...
    LINEで送る