弱酸性縮毛矯正エアーストレートはアイロンを使用しません。それには理由があります。

ノンアイロン(ノーアイロン)縮毛矯正

縮毛矯正といえばアイロンを使うイメージが強いと思います。

アイロンで伸ばすのが縮毛矯正。

実際に全国的に見ても90%以上の美容室がアイロンを使った縮毛矯正をされています。

縮毛矯正といえばアイロンで伸ばす。ノンアイロン(ノーアイロン)は伸びない。

縮毛矯正=アイロンが必須

 

それは固定概念です。

 

これからの縮毛矯正はノンアイロン(ノーアイロン)の時代です。

 

たまに勘違いされますが、

ノーアイロンで伸びるんだったら相当強い薬剤を使っているとか、温度が低い代わりに高アルカリ、高還元剤、高pHをつかっているなど...じゃなきゃ伸びないなど...

と言われているノンアイロン縮毛矯正考察?などがありました。

それは考察?でしょうか?想像にすぎないのではないしょうか?

実際にエアーストレートを見ていただきたいですね。

もちろん他のメーカーさんによってはそんなノンアイロン縮毛矯正もあるのかもしれませんが、

 

エアーストレートについては

全く違います。

ノンアイロン、ノンアルカリ、弱酸性、pHにおいては5.5完全に等電点です。

当然、弱酸性ですからアルカリ度はゼロ、残留アルカリもありません。

髪の毛と同じ弱酸性で髪の毛と同じpHで髪に負担をかけない薬剤を使った上で

ノンアイロン(ノーアイロン)で仕上げていくのがエアーストレートです。

 

従来の縮毛矯正と弱酸性ノンアイロン縮毛矯正エアーストレートでは理論から考え方が違うのです。

従来の縮毛矯正は髪の毛を軟化(髪の毛内部の結合切る)髪の毛の内部が複雑骨折したような状態にクタクタにしてアイロンの高熱でまっすぐプレス固定した状態です。アイロンのプレスの段階で髪がひらべったくなっています。

それによってボリュームがなくペッタンコになったり不自然、ピンピン、ハリハリといった事が起きます。整列したようにまっすぐの状態に固定したのが従来の縮毛矯正です。

もちろんその風合いがお好きなお客様もいらっしゃると思いますのでお客様のニーズに合わせってアイロンの縮毛矯正もあってもいいと思います。

 

エアーストレートについては髪の毛の軟化は目的にしていません。髪の毛を膨潤させ膨らませることで自然なかたちで捻れをほどいていきます。当然、膨潤させることで軟化も多少しますが、結合を切るのは目的ではないのです。膨潤が成功した時点でほとんど癖が取れた状態になります。

そのあとはテンションをほとんどかけず引っ張らず優しくブローで乾かしてあげることで髪の毛を円筒毛にしていきます。髪の毛を切ったら断面が丸く円になった状態です。生まれつきのストレートの方と同じ形にすることでより自然なストレートになるのです。

円筒毛に仕上がっているため、普通にボリュームがありタンパク変性(熱変性)が起きていないためブローによるデザインも可能なのです。

巻き髪だって、パーマスタイルだって楽しめます。

エアーストレートなら縮毛矯正をしたはずなのに普通の矯正をしていない髪と同じように扱えるのです。もちろん癖はしっかり伸びた上でのお話です。

美意識に高い方に絶対おすすめのメニューです。

 

ノンアイロンだから伸びない?

ノンアイロンで伸びるなら高アルカリ?

 

全商品弱酸性です。すっごい強いクセも伸びます。ダメージも少ないです。

弱酸性ならではの柔らかさで、内部修復のトリートメントも同時にしていきます。ノーアイロンにより熱変性がなく硬くならずデザインも自由自在。

髪が生まれ変わったような、子供の頃のような素髪のようなストレートヘアーが実現します。

 

縮毛矯正をしてもダメージを極力抑え傷ませない。

そして「今後も傷ませないために」を一番に考えていきたい。お客様にいつまでもきれいな髪を維持してもらいたい。

そのお手伝いをしたい。それが私たちの思いです。

そして

エアーストレートでそのお手伝いができると思っております。

エアーストレートにはすべてのくせ毛の救世主になる力があります。

 

 

    LINEで送る